トラックバックの犬

話題のブログや面白いブログ、 いろいろなブログにトラックバックするブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
だらーっとネットを見ていて偶然見つけた映像を紹介。
衆議院の外務委員会で他の党の議員が質問している最中、折り紙を
折ったり居眠りしたりする永田ひさやす(永田寿康)議員だ。

http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=27750&media_type=wb&lang=j&spkid=370&time=03:07:39.0

衆議院TVという国会審議をウェブ配信するサイトがあるそうで、
そこにどうやら半永久的に保存される模様。
06.3.2補足 公開期間は一年だそうです
今回の事件は結構有名な様子で、グーグルで「永田 外務委員会」で
検索しただけで該当する記事がいくつも出てきた(笑)

しかしよっぽど退屈だったのか、夢中で折り紙を折る永田議員の姿は
ミョーにガキくさい。そして居眠り。まあこれだけをあげつらって
議員の資質云々を言ってもしょうがないんだろうけど、彼が非常にワキの
甘い人間だと言うのは、こういうものを撮られてしまっていることからも
分かると思う。

永田議員の近況だが、民主党関係者の紹介で入院して雲隠れを
決め込んでいるとか。報道によればかなり精神的にまいっているとのこと。
民主党内では彼を辞職させない方向で動いている模様だが、
このままでは「勇み足」と「折り紙」だけで記憶に残る議員になりかねない。
子供っぽく逃げ回っていないで、落ち着いたらもう一度出てきて
釈明の一つもしてほしいものである。

永田ひさやす公式サイト
http://www.nagata-h.net/

トラックバック
http://sawasho.com/blog/archives/2005/10/post_377.html
http://kuyoh.blog.ocn.ne.jp/weblog/2006/02/post_d074.html
デンマークの家具をお探しなら

ないものはない!お買い物なら楽天市場
スポンサーサイト
このページのトップへ
宮崎学親分の公式サイト
http://miyazakimanabu.com/から。

作家宮崎学氏がメインライターを務めるウェブマガジン『直言』が
さる2月22日よりスタートした。
8人の執筆陣がネット上で今の日本を様々な角度から分析し、「生」の
姿を表現するとのこと。
なんといっても気になるのはその8人の人選。
宮崎氏本人を始め経済評論家の植草一秀氏、外務省のラスプーチン佐藤優氏、
ジャーナリスト魚住昭氏、小沢一郎の側近として活躍した元参院議員平野貞夫氏
などなどと多彩な顔ぶれ。

なかでも植草一秀氏は女子高生のスカートを覗いた容疑で逮捕され
表舞台から長らく遠ざかっていた気鋭の経済学者。
すっかり立場を無くしていた氏だが、2006年度から名古屋商科大学大学院
の客員教授で教壇に復帰することが決まっており、その才を惜しむ人も
多かったという事だろう。

魅力的なメンバーを揃え、ちょっと読みたいなと思わせてくれる『直言』、
完全無料でネットにつなげればいつでも読める、というのがイイ。
ただ気になるのは更新頻度。週イチくらいか月2くらいか、はたまた
廃ウェブマガジンの恐れもある。執筆陣には頑張ってもらって、
日本の腐った部分を切り刻んで料理してほしい。

トラックバック
http://miyazakimanabu.com/
日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

このページのトップへ
『ホテル・ルワンダ』は満員御礼の大ヒット。
上映館も増え、大勢の方が観ていらっしゃるご様子。
この映画の出す強いメッセージが、世の中を少しでも融和する方向へと
導いてくれたら・・・なんてのは甘い幻想なんでしょうね。


映画評論家の町山智浩さんの日記
http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20060225#seemore
に、こんなエントリーが。
要約すると、『ホテル・ルワンダ』のプログラムに町山さんが寄せた解説の
最後に「関東大震災時の朝鮮人虐殺」について触れられているのが
気に食わず、かみついているブログがあるとのこと。

「気が付くってもしかして不幸なことかも」
http://blog.livedoor.jp/mahorobasuke/archives/50487989.html#comments
その内容は事実誤認が多く、関東大震災時の朝鮮人虐殺を「そういった説」
としてさも実際には曖昧なものかのように記述。
投稿内容は全般に朝鮮人に対する敵意に貫かれていて、
まあ最近よくみかける嫌韓流チックなものなのだが、
いかんせん不勉強の様子で、なぜ当時朝鮮人が多く日本にいたのか
知らないなど、ボロがいくつも見受けられる。
なんといっても怖いのは、『ホテル・ルワンダ』を観た直後であるにも
関わらず、虐殺された朝鮮人の側になにか原因があるのではと
「虐殺を肯定」するかのようなことを書いている事。
いったいこの方は映画の何を観ていたのか・・・
平和に暮らしていた隣人が豹変して「異物」を排除する恐ろしさを
普遍的なものとして、教訓としてとらえられないのだろうか。

まあ言論の自由がある以上、極右的なメッセージを
日記に書くのは止められないと思う。
しかし、微妙なテーマの問題を事実誤認したまま書くのは、
やはり少々無責任な感じもする。
町山さんはそのブログの記述に対して丁寧に反論されている。
真摯な態度で、頭が下がる。
しかしこの手の輩が昨今どれだけ多い事か。
町山さんが絶望するのも、無理はないなあと思う。

トラックバック
http://blog.livedoor.jp/mahorobasuke/archives/50487989.html#comments
http://blog.so-net.ne.jp/pussycat/2006-02-25
答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50ポイント進呈。
このページのトップへ
映画のスケジュールをなにげなくネットでチェックしていたとき飛び込んできた
奇妙なタイトル
『変態村』

「これが映画のタイトルか?」と半ば呆れてしまった。
その反面興味を引かれ、いそいそと公式サイトにアクセス(笑)
http://www.hentai-mura.com/
(ご丁寧にも「ヘンタイムラドットコム」である・・・)


カンヌを中心に世界各国で賛否の嵐を巻き起こした(らしい)この映画、
気になる内容は、売れない歌手がへんぴな山間部の村に迷い込むが、
そこは恐ろしい禁断の地だった・・・というものらしい。
禁断の村というとなんとなく安部公房の「砂の女」や
ちょっと違うかもしれないが映画「刑事ジョン・ブック 目撃者」を思わせる。
『変態村』もかなり凄惨な内容を思わせるがどうなのだろうか。
公開劇場は先頃『フリークス』が公開されたライズX。すっかり
カルト/キワモノ劇場となりつつあるなぁ。


配給は先日公開された「コアラ課長」を手がけているトルネード・フィルム。
この会社の配給ラインナップだが、「トカゲ女」「ヅラ刑事」「少林キョンシー」。
なんとなく方針がうかがえるところがコワイ。
とてもデートには使えそうもない、チケットを買うのも恥ずかしい『変態村』。
見に行っても、うかつに話題にできないものがある。
でもなんだかちょっと気になるのは私だけだろうか。
ターゲット客層はどんな感じなんだろうか(笑)


トラックバック
http://plaza.rakuten.co.jp/hiroscinema/diary/200602010000/#trackback
露天風呂付き客室

ないものはない!お買い物なら楽天市場

このページのトップへ
今日はもう一本。
有楽町にあるビックカメラに行ったのですが、ゲーム・DVDのコーナーに
「ニンテンドーDS緊急入荷!」の文字が!!
今年に入って初めて、DSが売られている現場に遭遇しました(笑)

毎週出荷しているってのは全くのウソではなかったわけですね。

買おうかな、とも一瞬思いましたが、
ニンテンドーDS Liteの発売日も迫っているし、まあいいや、と
思った刹那、

「ニンテンドーDSただいま完売しましたー!」
と店内放送が・・・・
買い控えとかぜんぜん無いじゃないですか。
DS人気、恐ろしいくらいですね。


トラックバック
http://www.nintendo-inside.jp/news/179/17911.html
ないものはない!お買い物なら楽天市場

このページのトップへ
asahi.comの記事
「ネット大手証券5社、1月の口座増加数が過去最高の伸び」から。
http://www.asahi.com/business/update/0218/023.html


ライブドアショックとそれに伴う市場の乱高下にもかかわらず、ネット証券を
通じた株式投資を始める人が増加している、という記事。
イー・トレードは100万口座を突破したとか・・・業界のガリバー野村も
脅威に感じるネット証券パワー、しばらくはこの勢いがつづくだろう。


なぜ今投資を始めるのか??
なぜ株なのか。
リスクを伴いながらも株を始める人が後を絶たないのは、
やはり「低金利」これが最大の原因だろう。
インフレ率を考えれば銀行の預金は実質的に「損」。
それなら上昇している(らしい)相場に賭けようじゃないかと言う流れ。

さらにマスメディアの過熱気味の報道が拍車をかける。
一般週刊誌が毎週銘柄情報を載せるのは、少々行き過ぎ感を感じるが、
それだけ一般大衆が投資に近づいている証左だろう。
「乗り遅れてはいけない」という気持ちが、この年末年始のネット証券の
口座増を後押ししていると思う。

私自身は自分が株式投資を行っていることもあり、こういった流れには
決して否定的ではない。購入時期や銘柄分散を行いながら、長期の投資を
心がければ、決して株はギャンブルではなく、手堅い投資となりうると考える
からだ。ただ私のスタンスは超長期投資。何年もほったらかしにしている
銘柄も多く、一攫千金とは行かないが・・・

ここ数週間の東京株式市場は株価が乱高下したこともあり、初心者投資家に
とって厳しいものになった可能性が高い。ただ安いところでこつこつ拾うのが
長期投資の妙味。めげないで市場に踏みとどまってほしいものである。


トラックバック
http://blog.netshoken.com/archives/50375190.html#trackback
http://kabulog.exblog.jp/
http://ameblo.jp/monex-oki/entry-10009194478.html#tbox
http://dosiroto.blog.ocn.ne.jp/diery/2006/02/post_05c0_1.html#trackback
これからインターネット取引するならマネックス証券

・株、ミニ株、投資信託、債券など業界随一の商品ラインナップ

・逆指値でリスク管理もラクラク

・口座開設すれば市況概況や個別銘柄ニュースなど良質な投資情報が見られます

・口座開設費用は無料。今すぐ口座開設を!
このページのトップへ
DSの好調、DSLiteの発表で盛り上がる任天堂から、新たな発表あった。
ニンテンドーDSに新たな機能をを追加するパッケージが発売される。

2月15日に開催された「ニンテンドーDS カンファレンス」において、
ニンテンドーDS対応のウェブブラウザおよび地上波デジタル放送受信カードの
発売が発表された。


ウェブブラウザはOpera社と共同開発したもので、同社のOperaブラウザを
アレンジしたもの。ブラウジングにはDSの二画面を使用し、タッチペンにより
文字入力が可能。文字変換にはジャストシステムの「ATOK」が使用される。
六月発売で、価格は3800円とのこと。
Wi-Fi接続による気軽なモバイルが可能になる。
ことによると携帯電話よりも安価なモバイル環境がまたたくまに普及するという
可能性も考えられる!?

地上波デジタル放送受信カードはいわゆるワンセグ(地上デジタル放送)を
受信可能にするアンテナ付きのカード。ニンテンドーDSでテレビ視聴が可能に
なるということだ。発売時期、価格は未定。

二つの新たなアイテムはニンテンドーDSのゲーム機としてのコンセプトからは
ずれているものの、1000万台普及を目指す任天堂にとって、
多機能性をアピールする強力なオプションになるだろう。


個人的にはDSでワンセグというのに惹かれるものがある。
ちょっとした出先でテレビをチェックできる気楽さがいい感じだ。
野心的な任天堂のプロダクツ、ゲームソフトにとどまらないようである。


トラックバック
http://www.yukan-fuji.com/archives/2006/02/post_4884.html#trackbacks
http://www.nintendo-inside.jp/news/179/17900.html
ないものはない!お買い物なら楽天市場

【登録無料】お買い物に使える楽天スーパーポイントをもれなくプレゼント!
このページのトップへ
ネットでライブドア関連の記事をちょこちょこ調べていたら、
「サンプラザ中野がライブドア株で大損」という見出し。
http://www.nikkansports.com/ns/general/p-so-tp0-060121-0004.html
日刊スポーツの記事だが、まじめくさって報じているところがなんだか笑える。

記事によると、自身が連載中のネット上のコラムで明らかにしたとの事。
そのコラムがこれ。
http://biz.yahoo.co.jp/column/company/ead/celebrated/person3/060120_person3.html
「サンプラザ中野のお金はおっかねー」という、シャレにならないタイトルの
コラムである。750株を信用で買いとある。その直後に強制捜査。
ついてないなぁと思うがなんのことはない、50万円程度の取引だ。
全てすったとしても彼くらいの有名人なら遊びの範囲では??
むしろコラムやトークのネタが出来て、万々歳なのではないだろうか・・・

サンプラザ中野はここ最近はこうした「お金」関連の仕事や健康法の本をだすなど、
本業?のミュージシャンとはかなりかけ離れた仕事ぶりだ。
彼の活躍ぶりもまた、ネット証券時代の徒花、という感を抱かせる。
お金に詳しいマネータレントとして、世間を泳いでいくのだろうか。

サンプラザ中野公式サイト
http://www.sunplazanakano.com/


トラックバック
http://cafesta.jugem.jp/?eid=507
http://plaza.rakuten.co.jp/facetand78/diary/200601270000/
http://gaitame-sunplaza.cocolog-nifty.com/sunplaza/2006/02/post_0db3.html#trackback
インターネット取引するならマネックス証券






このページのトップへ
本日もライブドア関連でエントリーを一本。
堀江前社長に付き従う姿がマスコミに注目され、
テレビや雑誌の取材への応対、果ては自らテレビ出演、
写真集出版と、ライブドアバブルの一端を担っていた
「美人広報」乙部綾子女史。

彼女のお気楽な仕事日記ブログにトラックバック。
http://blog.livedoor.jp/ld_ayako/
当然というかなんというか、ライブドア強制捜査直前の1月16日で更新は
止まっている。
今となっては限りなくのんきに見える記事の数々。
ステキなOL生活を披露している。
企業トップが罪を問われている現状を全く伺わせない。
恐らく彼女にとって今の事態は「想定外」だったんだろうなあ。

彼女のブリリアントな仕事ぶりを宣伝する(→ライブドアのブランド力向上)
ためのブログであろうから、乙部女史がこの場所で事件について語る事は
決して無い・・・と思う。となると当該ブログは廃ブログの可能性大。
まだ確定ではないが・・・
乙部さん、ブログどころじゃない日々をお過ごしなんでしょうね。
経営陣の犯罪は一広報のあなたには関係ないはず。
「今まで叶わなかった夢はなかった」そうですが、そんなあなたの
今の心境をぜひぜひ、聞いてみたいです。
なにとぞブログ再開をお願いいたします。

トラックバック
http://blog.livedoor.jp/ld_ayako/archives/50327180.html#trackback
【もれなく】楽天スーパーポイント50ポイント進呈!詳細はこちら

このページのトップへ
ライブドアに対する東京地検の強制捜査からそろそろひと月、
ついに東証は同社株を上場廃止にするという方針を固めた模様。
捜査直前まで600~700円ほどの少額で購入できたライブドア株。
数億株が流通しているといわれ、その後の急落で損害を出している人も
いるんだろうな、と漠然とは思っていた。


で、たまたま見つけたお二人の方の日記。
http://blog.livedoor.jp/easygame/
http://blog.livedoor.jp/lddehasan/


信用取引でライブドアに全力投球したあげく、多額の追証
(追加で差し入れなければいけない保証金。担保が目減りする事で必要となる)を
入れなければいけなくなった、かなり深刻度の高い損害を受けているご様子。
ライブドア・ショックで損を出した人の多くはその後の上昇で復活し、
大きく財産を減らした人はそうネット界隈ではみかけない。それだけにこの
お二方の告白は貴重。
ライブドアの功罪というものを改めて考えさせるとともに、
初心者が信用取引に没頭する昨今の少々行き過ぎた個人投資家事情を垣間みさせてくれる。ネット証券の一般化によってだれもが投資家たり得るようになったが、
その安易さが命取りになった例として、個人投資家はよくよく胸に刻み付けた方が
いいだろうなと思う。


トラックバック
http://blog.livedoor.jp/easygame/archives/50228526.html#comments
http://blog.livedoor.jp/lddehasan/archives/50094341.html#trackback


このページのトップへ
ようやく「ホテル・ルワンダ」観ました!
しかし平日ですら満員御礼、立ち見アリです。
これはロングランの可能性大ですね・・・

さて内容はルワンダの民族浄化の嵐吹き荒れる中、
超一流ホテルの支配人が知恵と勇気を振り絞って
虐殺から逃れてきた少数民族を救う、というもの。
主演のドン・チードル、素晴らしい演技でした。
当初は職務に忠実だっただけの男が、皆を守る為に知恵を働かせていく
場面、この映画で一番胸躍る場面です。

しかし民族虐殺が大きなテーマとなる為、観客は上映時間一杯
過大な緊張を強いられます。残酷な描写は慎重に避けているものの、
大量虐殺の痕跡はところどころに表現されます・・・

「シンドラーのリスト」でも感じたのですが、この映画の話自体は
素晴らしい事で、主人公の勇気に感動するのですが、それ以上に
起こっている悲劇が圧倒的なんですよね。そのへんのジレンマ、今回も
感じました。ルワンダでは80万~100万のツチと穏健派のフツが
殺害されたとか・・・

そうはいっても非常に良心的でパワフルな映画です。
ご覧になれる地域の方は是非足を運んでみてください!

トラックバック
http://rwanda.hp.infoseek.co.jp/index.html


このページのトップへ
先日送られてきた一枚のハガキ。
口座を持っている三井住友銀行のお知らせだ。
「ATMでのキャッシュカードご利用限度額改定のお知らせ」と書いてある。
頻発するカード偽造などの犯罪に対処するため、ATMやCDでの一日あたりの
引き出し限度額を「引き下げる」ということらしい。

よく見てみると引き出し限度額は一日あたり50万円。
通常生活していく上で、これ以上の額は確かにそう必要ない。
振込の限度額は100万円とのこと。
こちらはどうだろう。実は先日郵便局から200万円ほど銀行の口座に移し、
さらに証券会社に振り込んだ。こういうことは滅多に無いが、可能性としては
残る。犯罪防止の為には仕方が無いのだろうか。

不便さを感じる理由はもう一つあって、都市銀行の支店の数が減っていて
離れた駅にしか支店が無いという事。
そうそう用事はないが、都市銀行の敷居がどんどん高くなっている。


で、ハガキをよく見ると「生体認証ICキャッシュカード」の案内も書いてある。
手指の静脈パターンの情報で本人確認をするカードとある。ついに三井住友銀行も
導入したんだな。切り替えには1050円かかるとの事。普通のカードが破損しても
1050円かかるので、これには不思議さは無い。さらに案内を良く読むと、
このカードには有効期限があって、5年ごとに1050円を払わなければいけないらしい。この低金利時代にこの金額を払って、どれだけの人が移行するんだ?と
疑問に感じる。メガバンクにとって市井の小口利用者は、コストでしかないんだなあ、
と感じた次第である。


トラックバック
http://yamadacomma.jugem.cc/?eid=4254#trackback
http://zakkidayo.blog35.fc2.com/blog-entry-69.html



このページのトップへ

FC2Ad

Information

dog
  • Author: dog
  • dog。犬です。トラックバックにこだわってblogする予定です。

Search

Calendar

01月 « 2006年02月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

 

プロフィール

dog

Author:dog
dog。犬です。トラックバックにこだわってblogする予定です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

track word

投票して。

FC2 Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。